小林よしのり氏

薬害エイズなど、コロナワクチンの前から薬害に携わり今回のコロナ騒動では早くから警鐘を慣らしていました。「漫画家」ではあるのですが、コロナ論を読んでいただけばわかるように小林先生の漫画は、ほぼほぼ本です。コロナ論1-2巻までは主にコロナ騒動の矛盾点や問題点について、3-4巻ではコロナ騒動の問題点にワクチン問題も加わり、さらには人権問題や薬害の歴史など、このコロナ騒動を様々な切り口で解説してくれています。

 

また宮沢孝幸先生や井上正康先生とも共著を出版されています。「漫画家」は専門家ではないから発言するなといった風潮もありますが、それは違います。今回のコロナからワクチンに至っては国民全員が巻き込まれているので、立場に関わらず発言は当然していいです。もちろん、あなた自身もです。我慢を強いられ、人によっては生活が苦しくなり、自殺者が急増するような世の中において、話す権利まで侵害されるなんておかしな話ですので。

解毒や体質改善に

error: Content is protected !!