シェディング

シェディング被害事例~中村クリニックnoteまとめ

3.シェディング被害の現実

このページでは、シェディングの被害実態についてまとめていきます。まずはシェディングの第一人者ともいえる中村篤史先生のnote記事からシェディング関連のものを抜粋しました。

中村クリニック中村先生のnote記事より

ワクチン接種が始まって早々からシェディングの危険性について警告していた医師です。国内接種が始まってからは、リアルなシェディング情報をシェアしてくれて、何を処方してどれが著効したのかなど、とても具体的でわかりやすく、中村先生のnote記事に救われた方も多いと思います。この記事ではシェディング症例のみ抜粋してますが、気になる方はnote本文もぜひ読んでください。とても勉強になります。

2022年のnote記事

4月5日:読者のお便り

この記事の続きに、対処法の具体事例が書かれていてとても参考になります。

4月3日:ワクチン後遺症研究会3

まさかの中村先生ご本人もシェディング

1-3月の記事はこちら(4症例)

 

2021年のnote記事

7-12月の記事(6症例)

 

1-6月の記事(4症例)

 

高橋徳先生のシェディング本より抜粋

2022年4月に発売された高橋徳先生のコロナワクチン接種者から未接種者へのシェディング(伝播)--その現状と対策にも実際のシェディング事例が載っています。詳しくは本書を読んでいただくとして、ここでは概要だけお伝えします。

■高橋徳先生の患者さん(p16~)

症状の概要のみ

・30代女性 ワクチン接種者のマッサージをするようになってから、全身倦怠感、頭痛

・50代男性 接種者の鍼灸治療をするようになってから、全身倦怠感・両肘と両膝の関節痛

・50代女性 職場で隣の人が接種後、本人の腕に湿疹

・40代男性 職場でまわりが接種後、全身倦怠感と血圧上昇

・40代女性 夫が接種後、生理周期の乱れ、嘔吐、吐き気

・40代女性 職場でまわりが接種後、刺激臭。倦怠感、頭痛、鼻出血

・20代男性 職場でまわりが接種後、動悸・息切れ・足のしびれ

・保育園の男の子 保育園の先生が接種後、湿疹

など、他にも記載が多数ありますので、気になる方は本書をお読みください。

 

※他にもシェディング情報について各テーマで記事を書いていますので
こちらの記事も参考にしてみてください。
シェディング情報もくじ
シェディングの症状とケア
シェディングに理解のある医師
シェディングの存在を証明するには
高橋徳先生のシェディング本、感想とレビュー

コロナワクチン失敗の本質

-シェディング
-

error: Content is protected !!