子どものワクチン

5-11歳の接種は100%親の責任なのか

子どもに何が何でも打ちたい!の狂気

残念ながら先週からすでに5-11歳向けにワクチン接種がスタートしました。宮沢先生と宮澤先生のWみやざわ先生が慌てて署名を提出してくれ、ニュースになったにも関わらず。

 

子どもにはワクチン接種の可否を判断できない

子どもにはコロナワクチンを打つかどうかの選択肢はありません。たとえ、親が子どもに決めさせるという酷な選択を迫ったとしても、今の情報が偏りすぎてる状況で、子ども自身に的確な判断を求めるのはムリ。「早く僕もワクチン打ちたい」と言ったとして、そこには必ず大人から、テレビから、学校からなどの影響があります。本来子どもは痛いのキライなので、注射なんてイヤに決まってます。

「僕は打ちたい」と言ったとしても、そう言わせたのは大人。コロナが子どもにとって脅威じゃないよと教える大人がいない、そういう子どもたちは本当に災難です。今回は努力義務もはずれ、義務でもないので、子どもが判断できないとなると最終的な判断は親などの保護者に委ねられるわけです。

 

知らないことは調べることさえできない

確かに打たせる決断は親がしますが、副反応での死亡報告が1400人以上の今でさえ、ワクチンの情報はかなり偏っています。野党も与党もワクチン打て打て!テレビも新聞もワクチン礼賛!グーグルもFBもyoutubeもワクチンすばらしい!学校もワクチン当然!習い事でも当然!職場でも当然!目にするもの、聞くものすべてワクチン礼賛だったら、そもそも「ワクチン 危ない」で調べようとも思わないのです。

 

打たせた親が悪い、というのはわかるけど

知らないことは調べられない。だから、無知は罪だと言いたい人もいるでしょう。ワクチンを打たせてその子になにかあった時、ワクチンのリスクを前々から知ってる人の中には「ちゃんと調べない親が悪いんじゃん!」と責めるかもしれません。グーグルがダメでもダックダックゴーあるし、と思うかも知れません。ですが、やっぱり大手メディアで発信されない情報は行き渡らないのです。まだまだ大多数にとってはマイナーです。(中学息子のクラスでは検索履歴が残らないということでダックダックゴー利用者が多いそうです)

つまり、親の情報収集力とか以前にコロナワクチンのなんたるかをきちんと知らされていない

 

自治体によっては、すでに接種券を発送しているところもありますが、これもまた大きな問題を孕んでいます。ワクチンの添付文書を同封していない、任意接種だと記載していない、副反応ついて記載していない、といった報告もあるほど。悪質極まりないですが、役所からすれば、「国がやれと言ったことをやっているだけ」を逃げ口上にしているのが現状です。

親が100%悪いの落とし穴

もしかしてワクチン接種をした子どものうち、後遺症に苦しむようになる子がいるかもしれません。実際海外でも死亡や重篤事例はあります。そういう事例を見た時に、「あんなワクチンを子どもに打つ親が悪い!」と責め立てて、打ってない私は勝ち組!と思う人もいるかもですが、この考え方はだと思ってください。これで一般人同士つぶしあってくれたら、政府や製薬会社はとても逃げやすい日本人は特に同調圧力がひどいので、ワクチン後遺症にも同調圧力は発揮されるでしょう。実際HPVワクチンの後遺症に苦しんでる女の子たちには容赦のない誹謗中傷が医療従事者からも一般人からもなされています。最悪ですよね。後遺症で苦しいのに、さらに誹謗中傷されるとか。

責めるべき対象を絶対に間違えてはいけません。本当に悪いのはコロナワクチンを作った製薬会社です。どう考えても悪いでしょう。治験もテキトー、成分表示は黒塗り、契約は不平等。そして利益は11兆円。前年の2兆円も相当な利益ですが、ワクチンのおかげで5倍超えです。これ、各国の血税ですよ?

もちろん、ドサクサにまぎれて特例承認という目くらましで認可した厚労省、政府も同じぐらい悪いです。そしてマスコミ、医師会、専門家などなど。キリがないですが一人ひとり特定し、組織も特定し、きちんと訴えて過ちを正す必要があります。彼らは首根っこ掴まれてるのかも知れませんが、それでもやっていいことと悪いことがある。完全に人の道を踏み外しています。

打たせた親を責めても製薬会社が喜ぶだけ

ということで、打たせた親が100%悪いと責めても、なんにもなりません。製薬会社が喜び薬害訴訟の邪魔になるだけです。決して苦しむ本人や親に「お前のせいだ」と言ってはいけないし、間接的にでも発言してはいけないと私は思います。

いい子ぶってるのではありません。そういうことやると製薬会社は工作員を使い、後遺症で苦しむ発信者を泣き寝入りさせかねない。それにまんまとハマってしまったら、それはそれでバカですよね。声を上げるべき被害者に泣き寝入りさせて製薬会社を喜ばせてどうするんですか?気づかずに製薬会社の手先になるなんて本末転倒です。

 

一致団結せよとまではいいませんが、ワクチンを子どもに接種させた親を責めるのは分断を生むだけでなく薬害訴訟の妨害になるので、親を責めるのはやめましょう。もっとも、1番いいのは我が子にワクチンを打たないことです。だから、ツイッターでもリアルでもいいので、ワクチンが危ない上に打つメリットが全くないということを、今からでも広く伝える必要があります。せめて、宮澤先生が編集してくれた下の動画、90秒だけでもシェアしていただき、親御さんが思いとどまるきかっけになればと願うばかりです。動画を観れば観るほど、あまりのひどさに怒りMAX!になってしまいますが、ヒートアップしてストレス溜めないようご注意ください。

 

※子どものワクチンについて関連記事

「接種後の死は持病のせい」に異議あり
5-11歳の副反応が過酷すぎる
5-11歳の接種は100%親の責任なのか
子どものワクチン接種を様子見した方がいい3つの理由
「子どもの副反応はすべて同じロット番号」の謎

 

参考図書

コロナワクチン 今こそ子どもを守れ!

医師が教える新型コロナワクチンの正体

 

 

 

コロナワクチン失敗の本質

-子どものワクチン
-, ,

error: Content is protected !!